【マーケティング】箕輪厚介氏流 本がバカ売れする仕組み?

2019/06/27

商品を販売する前にこれを読め!

 

箕輪厚介本の売り型

 

 

 

 

 

こんにちは、4s Production 中沢です。

 

今回は商品のプロモーションについて。

 

 

ざっくりいうと…

 

・ただ広告するだけではダメ!

 

・ロジカルに考える!

 

・導線を意識する!

 詳細はこちらからチェックしてください。

 

 

 

 

・ただ広告するだけではダメ!

 

皆さん、商品を作って販売する時

 

どうやって売るのか、考えていますか?

 

今はただ広告を出すだけではうまくいかない時代になっています。

 

なぜか?というと世の中はさまざまな情報で溢れかえっています。

 

その中でその商品を見つけてもらえる可能性は非常に低くなっています。

 

そのため、その商品を本当に届けたい人に向けて発信していく必要があります。

 

 

 

 

 

・ロジカルに考える!

 

もちろん、バズらせる事が出来れば良いのですが

 

バズらせるのはそんなにたやすいことではありません。

 

そこでロジカルに考えてみましょう!

 

ロジカル=論理的

 

まずはその商品は誰に届けたいのか?

 

その人はどんなものが好きで、どんなことに興味を持っているのか?

 

どんな仕事をしていてどんな時にSNSをチェックしているのか?

 

どんな記事ならシェアや

 

リツイートしてもらえるのか?

 

その趣味は公にできる趣味なのか?

 

などなど

 

考えたことありましたか?

 

そしてその特定の人をイメージします。

 

そしてその人に向けてプロモーションしていきます。

 

その人はどんな写真や、どんな言葉が好きなのか?

 

どんな動画なら、商品を購入してくれるのか?

 

もしくはシェアしてくれるのか?

 

一番良いのはその人が商品を購入してくれて

 

さらにシェアしてくれる事がゴールになります。

 

 

 

 

・導線を意識する!

 

そのゴールに向けて広告を考える必要があります。

 

その商品を購入したいと思う人はどんな人なのでしょうか?

 

男女比は?年齢は?

 

例えば男性向けの商品なら

 

その商品をもしも

 

女性が使うとしたら、どんな人なのか?

 

その対象の人たちはどんな事が好きなのか?

 

その人たちにはどんな広告がウケるのか?

 

 

そしてそのゴールへ向かうための導線を意識していきます。

 

その人がシェアしたくなるようなおもしろい記事、動画にするためには?

 

その人が購入したくなるにはどのような記事、動画が良いのか?

 

これってすごく難しいように感じてしまうかもしれませんが

 

これはたった1人に向けて考えれば良いだけです。

 

例えばその商品が欲しい!作りたいと思ったのが

 

あなた自身ならあなたが本当に欲しいと思っているなら

 

自分だったらどんな言葉に共鳴できるのか?

 

どんな動画ならシェアしたくなるのか?

 

と考えるとわかりやすいと思います。

 

 

あなた1人が熱狂できれば

 

それに賛同してくれる人は一定数

 

必ずいます。

 

一歩ずつロジカルに考えてみましょう!

 

 

例えば本を売る場合はどうなのか?

 

こちらのツイートを参照してみてください!

 

 詳細はこちらからチェックしてください。

 

 

 

それでは、4s Production 中沢でした😌

 

keep smiling!!

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Please reload