【時事ネタ】小規模事業共済ってどうなの?

2019/06/18

うーん、国の制度は微妙? でも減税効果はある!

 

こんにちは、4s Production 中沢です。

 

先日、金融庁からのお達しがありましたが…

 

年金は少ない可能性があるから

 

¥2000万貯めておきましょう!というモノ

 

色々、物議を読んでいますが…

 

そこで小規模事業共済について調べてみました。

 

ざっくりいうと…

 

・小規模事業共済は全額控除!

 

・年間3万円ぐらい節税になる!

 

・金利が下がり続けている!!!

 

・小規模事業共済は全額控除!

 

そもそも、小規模事業共済とは?何なのか?というと

 

個人事業主は退職金がないので

 

自分の退職金を準備しておける制度です。

 

基本的に個人事業主の方は入れます。

 

詳細はこちら

 

そしてけっこう重要なのが

 

年間でかけた金額が全て控除になるということ。

 

控除とは?という方に簡単に説明すると

 

例えば年間300万所得がある人は

 

その300万から社会保険料などや基礎控除額が控除されます。

 

そして基礎控除→10万

 

青色申告控除→65万

 

社会保険料の払った額が控除され

 

結果、控除された後の所得にたいして税金がかかります。

 

例えばざっくり所得額が200万円だとして

 

そこに

 

小規模事業共済で月1万円→年間12万円払っていれば

 

188万円に所得税がかかります。

 

なので、所得税率が20%から10%になり

 

税率が下がると言うことです。

 

 

 

 

・年間3万円ぐらい節税になる!

 

そしてその税率が下がれば住民税も下がります。

 

なので結果、24200円前後はお得になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

・金利が下がり続けている!!!

 

しかーし!

 

ここで注意点が!

 

この貯蓄型の小規模事業共済ですが

 

ざっくり、月2万円で20年間貯めた場合

 

20年後に受け取れる金額が6868800です。

 

しかし、これは今の金利が1パーセントだからです。

 

1%か…。まー、銀行に預けておくよりは…と

 

考えがちなのですが

 

この金利、ずっと下がり続けているそうです。

 

 

平成16年~現在    1%

平成12~16年  2.5%

平成8年~12     4%

 

約8年前は4%だったんです。

 

それが今や、1%…

 

って事はもっと下がる可能性もありますよね?

 

うっかり支払った額よりも少なくなる可能性もあるのでは?

 

そうです。年金と一緒の話しです。

 

しかし、毎年の控除になる点や

 

小規模事業共済は入ったらやめられない点なども

 

注意して検討する必要があります。

 

政府がやっている事なので決まってしまったら

 

変更などはできません。

 

この辺り、注意して検討する必要があります。

 

小規模共済のサイトではご自分の売上金額をいれて

 

シミレーションもできますので、ご自身でよくチェックしてみてください!

 

 

それでは、4s Production 中沢でした😌

 

 

小規模事業共済 シミレーションサイト

 

 

 

 

 

シミュレーションすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーランスのお金の話で一番売れている税本はこちら!

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Please reload