【制作費】5万円〜500万円の幅とは?

2018/07/12

 

内容に寄って大きく変わります!

 

こんにちは、4s Production 中沢です。

 

 

今回は皆さんが一番?気にされてるであろう制作料金について。

 

ざっくりいうと…

 

・編集だけなら5万円〜

 

・撮影が入ると一気に上がる

 

・用途に合わせて検討必須!

 

 

 

「動画制作」とひと言でいっても様々な動画があります。

 

例えば記録用の動画や

 

宣伝用、社内教育用、セミナー動画、

 

イベント撮影などなど動画制作は色々な動画があります。

 

その為、概算の見積もりといっても

 

ある程度の詳細をお聞きしないと何とも言えない…

 

というのが正直なところです。

 

例えば最安でいくらか?というと

 

基本的には撮影データをお持ちの場合

 

「動画編集のみ」なら5万円〜制作可能です。

※動画の長さ、クオリティに寄って変動あり

 

そして撮影からとなると制作費も一気に上がります。

 

理由としては撮影は人員や機材も必要になるためです。

 

また事前に何を撮影するのか?を元に

 

動画の構成を決める必要があります。

(最初に〜を入れて、次に〜を入れて、最後に〜を入れる)

 

ここで追加される料金が企画構成費です。

 

もちろん、企画・構成を用意して頂ければ

 

その分、カットする事も出来ます。

 

この企画構成が動画の効果やクオリティを決めると

 

いっても過言ではありません。

 

一番重要なのが企画・構成です。

 

テレビでいうところの脚本家、構成作家です。

 

あまり馴染みがないかもしれませんが

 

テレビでは必ず入っています。

 

テレビ以外はディレクターorプロデューサーが兼任する事が多く

 

コストを抑える事が可能です。

 

 

そして撮影の内容に寄って料金が上下します。

 

例えば、切れ味の良さを表現する為に

 

「スーパースローの映像が良い!」となった場合

 

カメラのレンタル代だけで1日20万円程度かかります。

 

ココがポイントです!

 

やり方次第で、制作費は抑える事が出来ます。

 

「スーパースロー」ではなく「スロー」にすれば

 

カメラ代は10分の1にできます。

 

用途に合わせてカメラの選択も重要になってきます。

 

どうしても「スーパースロー」にしたい場合は

 

スーパースローカメラを使った方が良いのですが

 

テレビ、映画でない限り

 

そこまでのクオリティは必要ない場合が多いです。

 

もちろん、すごく良いカメラで

 

「すごくキレイな映像」にした方が良いのですが…

 

一般の方がどこまで違いがわかるか?は微妙なところです。

 

その為、用途や予算に合わせて工夫する事が重要です。

 

 

おおよその目安としては撮影からの場合30万〜となります。

 

動画制作料金の相場としては最低でも

 

50〜100万円程度と考えておく必要があります。

 

また宣伝用の動画制作では広告費用も検討しておく必要があります。

 

動画制作は予算がかかります。

 

しかしどの企業も動画を取り入れているのは理由があります。

 

それはそれだけ効果的という事です。

 

予算をかけて効果を出すためには事前準備が一番重要です。

 

まずは制作会社に気軽に相談することをオススメします。

 

それでは、4s Production 中沢でした☺️

 

keep smiling!!

 

 

いきなり効果があがるPR動画の作り方 自分で作れる、シナリオが決め手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Please reload