【iPhoneBlog】ドローン撮影許可申請の沼へ🙄

2017/06/08

 

結果、回り回って戻って来ました💨

 

 

こんにちは、4s Production 中沢です。

 

今回はドローン申請について。

 

ざっくり言うと

 

・包括申請は自分で取得出来るので頑張ってみましょう!

・航空区域などを含む場合は別途申請が必要

 

・気をつけないとたらい回しにされる

 

 

包括申請?という方に簡単に説明すると…

 

ドローンを事業として飛ばす場合は、事前に包括申請を行っておけば、いつでも飛ばせるという申請です。

 

ドローンが官邸に落ちてから

 

様々な規定ができましたが

 

規定があればある意味

 

それをクリアすれば飛ばすことが可能です。

 

結果、飛ばしやすいとも言えます。

 

 

もちろん特殊区域は別途、申請が必要です。

 

 

簡単な例をあげると

 

空港が近い場所、高圧電線などがある場所などなど

 

 

障害物がある場所は難しいです。

 

 

今回は空港、ヘリポートが近くにある場所の撮影で申請について

 

 

また少しややこしい…🙄

 

結論からいうと

 

東京空港事務所が許可を出します。

 

ただその前にヘリポートの危険区域に絡んでいる場合は

 

そのヘリポートを管理しているところにも確認を得る必要があります。

 

気をつけないと各所に

 

たらい回しにされてしまいます。

 

 

詳しくは国土交通省のサイトで確認頂ければと思います。

 

国土交通省 無人航空機サイト  

 

 

ドローン撮影などで何かございましたらお気軽にご相談ください⤴︎

 

それでは、4s Production 中沢でした^_^

 

keep smiling!!

Please reload

Please reload

Please reload