こんな読書もある⁉︎『読書の方法』 久木田 裕常 著書

2016/07/16

こんにちは 4s Production かなとです。。

今日は珍しく本のレビューを書いてみたいと思います。

 

私は本が好きで月に5~10冊程度読んでいるのですが

このブログでレビューするのは初めてかもしれません。。

 

今日、紹介するのはとあるセミナーで出会って私の背中を押してくれた方の本になります。

 

『読書の方法』著者 久木田 裕常 きずな出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざっくり言うと…

 

・本は好きなところだけ読めばOK!

 

・全部読む必要はなし!

 

・読書会もおもしろい!

 

 

この本はタイトル通り 読書の方法について書かれています。

 

この手の本は他にもたくさん出ていて、読んだ事があるのはコチラ

 

成毛眞 著『本は10冊同時に読め!』

 

こちらも良書でしたが今回の読書の方法も良い本です。

 

 

この本は全く本を手に取った事がない方にも

 

ある程度の本好きの方にも新しいヒントがある本になっています。

 

本を読みには色々な理由があると思います。

 

単純に読んでいて楽しい、何かを学べる、仕事上読む必要があるなど。。

 

この本がお勧めしているのは

 

『読書の楽しみ方を自由にしてみてはどうでしょう?』という点です。

 

本は最初から最後まで読まなければいけないという考えから

 

自分が好きなところだけ読む

 

面白そうなところだけ読む

 

満足したら本を閉じる

 

という考えを提唱されています。

 

 

 

私も本を読むのはこの本でも紹介されている

 

『たった1行との出会いで人生が変わる』と考えているからです。

 

私も今までにたった1行からインスパイアされた事が非常に多いです。

 

実際にこの本を読み進めてみると本好きとしては知っている事が多く

 

『あれっ、これはハズレかな?』っと思ってしまいましたが。。

 

本好きでも必ず新しいヒントが出てきます。

 

 

著者の方は1万冊以上を読破しているそうなので、やはりそこは何枚もウワテです。

 

その中でも私が発見したのは『読書会』です。

 

読書会って何だか難しいイメージですが…

 

仲間たちと本について新しい気づきが得られる素晴らしいモノらしいです。。

 

以前、私も成毛眞さんの本好きがあるまる『HONZ 朝会』に参加させて頂いたことがあります。

 

その時に『これはおもしろいかも!』っと思って自分でも始めた経験があります。

 

が、私の周りには本好きの方が少ない為、すぐに辞めてしまいました。

 

それには私の準備不足があった事をこの本を読んで気づきました。。

 

 

 

この『読書の方法』では本を全く読まない人から

 

興味はあるけどいつも最後まで本を読んだ事がない人…

 

本で人とつながってみたい人、

 

読書会などを開催したい人まで楽しめる一冊になっていると思います。

 

 

著者の方は頻繁に本のレビューをYouTubeに投稿しているので

 

そちらをチェックしてみるのも良いと思います。

 

 

チャンネルはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの本にピンっと来た人は読書会に参加してみるのも良いと思います。

 

 

 

久しぶりにオススメの良書です!

 

 

4s Production 中沢でした😊

 

 

keep smiling!!

 

 

Please reload

Please reload

Please reload