• Jun Nakazawa

【動画制作】代理店のある意味とは?

代理店は、必ず1社は必要です!


こんにちは、4s Production 中沢です。

最近、よくお問い合わせというか


インサイドセールス関係の営業連絡を頂きます。


今回は、インサイドセールスについての解説になります。


ざっくりいうと…


・インサイドセールスとは?


・良い点はコストカット!


・代理店は一社がベスト!



・インサイドセールスとは?


Wikipediaで調べてみると…

インサイドセールスとは、電話、メール、ビデオ会議システム等を用いて顧客とのコミュニケーションを行う役割であり、対義語はフィールドセールスである。”セールス”という名前の通り、主には商談機会の創出、提案・成約行為を行う。主に2つの役割から構成される部門名、もしくは役割である。


かんたんにいうと、営業の代行をしてくれる会社です。


末端の小さい制作会社に、月額〜で、お仕事紹介しますよっということです。


そんなインサイドセールスの方が決まっていうのは


代理店は予算を取りすぎてるっということです。


どういう事か?というと


制作の現場では、実際に制作するのは


末端の制作会社です。


その間に、いくつもの会社が入り、


その分、手数料が乗っかっています。


それは伝言ゲームになってしまい、結果、予算もかかる


お互いにとって良くないですよね?というお話です。


ご存知ない方も多いと思いますが


テレビ局なども、同じ構造です。


一部、局内で制作している番組もありますが

基本は、企画立案は局で行い、実際に制作するのは下請けの制作会社です。


なかには代理店の代理店、そこから、さらに代理店…なんて場合もあります。


その為、制作費は跳ね上がります。



それをカットして、末端の制作会社と企業をつなげる営業代行


これがインサイドセールスとの事です。






・良い点はコストカット!


これは、ある意味で正解で


ある意味で不正解だと私は思っています。

まずは正解の理由について。


たしかに、代理店が3つも4つも入るのはおかしいと思います。


そして、中には伝言ゲームになってしまったり

なにもしない代理店があったりします。


私も経験ありますが、撮影現場にはいるけど

なにも意見を出さない、何もしない方がいます。

(その分、責任も負いません)


そういった人たちがいるから、それはムダでしょ?という理論はわかります。


そういったことを見てきたからこそ


中抜きは良くないですよね?カットしましょう!と言う流れになれば


クライアント側はコストが安くなります。


その分、制作会社もキチンとした予算で制作を行えます。






・代理店は一社がベスト!


不正解についてはどうか?というと


間に入っている代理店がひとつの場合です。


末端の映像クリエイターはフリーランスが多く、株式会社でない場合が多いです。


その場合、大手企業は株式会社でなければ取引できません。

クリエイターに仕事を依頼したくても会社上、取引できません。


それに、個人のクリエイターとなると会社に比べると信用がありません。


そういった理由で、大手企業とクリエイターは


取引が難しいのです。


その間に入るのが代理店です。


代理店では、複数のクリエイター集団を


抱えて、案件ごとに得意なクリエイターに仕事を振り分けます。


その場合、おおよその企画立案や、営業部分は


代理店側で行います。


クリエイターは制作に専念する事ができます。


最近、増えているのはこういった制作環境が多いです。


クリエイターは制作することが得意です。


営業が得意なクリエイターはあまり多くありません。


そこを補ってくれるのが代理店なのです。


代理店に感謝しているクリエイターも


多いのではないでしょうか?

これは、本当に持ちつ持たれつの関係です。


そのため、インサイドセールスも間違ってはいません。


ある意味、良いところに目をつけてはいると思います。


結果的にはどちらが正解かは分かりません。


私は一度、電通さんの絵コントを拝見した事があります。


企画、内容、共に素晴らしい出来栄えでした。


その分、予算は桁違いだった為


うちに案件が来ました。


どちらを取るのか?はその案件次第ではないでしょうか?


絶対に素晴らしい動画を作りたい!


予算はある程度、かけられる!


そんな場合は電通さんにお願いした方が良いでしょう!


日本トップクラスの動画ができると思います。


しかし、そこそこの予算で動画を作りたい!というのであれば


小さめの代理店が良いのではないでしょうか?


その方が自分たちの想いや、意図を


クリエイターに直接、伝えることができます。


もちろん、制作会社に寄っても、得意不得意があります。


その点はサンプル動画で判断が良いでしょう。

必ずサンプル動画をチェックしてから


ここは良さそう!と思ったところに相談する事をお勧めします。


4s Production も株式会社ではありませんが


何か動画制作で気になる点や、ご相談があればお気軽にご相談ください。


ご一緒できる代理店様も募集しています。


こちらからご連絡ください。

それでは、4s Production 中沢でした😀


keep smiling!!




この本はオススメです。


私たちはSNSで、確認して良さそうだったら商品を購入しています。それを解説している一冊!




0件のコメント

4s Production

94573453_659950461492430_202848496910965
  • Instagram 4sproduction.movies
  • YouTube 4s Production

4s Production | Tokyo | 日本 | Tel : 050-5361-9682 | Mail : 2014@4sproduction.info

 

Copyright© 2014 4s Production All Rights Resarved.